伊坂幸太郎  チルドレン

久々にBLOG更新! どれくらいぶりだろうか。 けっこう最近まで一時期、速読をマスターしたくて、速読術の本を読みながら、トレーニングをしてみたり、しなかったりと忙しかったので、読書はおやすみしてました。 それも飽きてきたので、というかその本は1日15分、7日間でマスターするというタイトルの割りに書いてある内容的にはどー考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マークスの山  高村薫

久々の更新です 高村薫の名作「マークスの山」上下巻と合わせて700ページちょい なかなか長編でしたが、後半に行くほどのめり込む面白さでした。 高村薫は他に1冊読んだことがあり、それは「李歐」という作品でとても雰囲気のある独特の作家だなと思いましたが、感想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横山秀夫 「ルパンの消息」

おっと、1週間ほど前に読み終わりましたが、なかなか書く暇が無く、日数が経ってしまいました。 感動が薄れてしまうな! 横山秀夫の「ルパンの消息」読み終わりました 久々の傑作作品でかなり心に残る作品でした。 横山秀夫のクライマーズ・ハイとコレはオススメです!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「傍聞き」-かたえぎき-   長岡弘樹 

書店で”この20年で最高傑作”という帯をみて買った1冊 表題作を含めた4作の短編集。 患者を受け入れ病院に届けず迷走を続ける救急車! 12歳の娘を持つ強行犯係のシングルマザーの刑事 消防隊の話 更生保護施設の所長とそこを出る元受刑者の話。 なかなか面白かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イニシェーション・ラブ  乾くるみ

話題の本(自分の中で!) 「イニシェーションラブ」読み終わりました。 完全にネタばらししちゃってますので、この本を読みたいとお思いの方は見ないほうがいいですよ。 バブルの時代を背景にしたフツーの恋愛小説。だけど・・・・!! 最後の2行で大どんでん返し!必ず読み返したくなる!という謳い文句に期待して読み進めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村克也 私が野球から学んだ「人生で最も大切な101のこと」 

最近、仕事が暇になってくると社員の意識向上のため時々ミーティングをやる。 社長がドラッガーに嵌っていて、よく引用しながら話をする。 そして野球も大好きな社長なので野村克也の本もよく読んでいる。 この本は社長がみんなに読むようにと渡した本だ。2011年、震災後に書かれた本で結構最近の本である。 内容は野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾くるみ 「リピート」

以前、王様のブランチでどっかのロックバンドのボーカルがオススメしていた作家。 「イニシエイション・ラブ」という本を紹介してましたが、それも買いましたが、もう1冊これも面白そうなんで読んでみました。 「リピート」というタイトル通り、10ヶ月前の過去に現在の記憶を持ったまま、10ヶ月前の自分の身体に意識だけ戻り、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王様ゲーム -終局-   金沢伸明

前作の続編。続きが気になっていたのでBOOK OFFで発見して購入 何冊かシリーズが出ていたので長いのかと思ったら終局なのでここで一区切り。 事件から7ヵ月後、伸明の転校したクラスでまた悲劇が始まる。今回は本多奈津子という人物がキーポイント。 前回の最後に未送信メールのメッセージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥田英朗 「ララピポ」

今月は珍しく3冊突破 「ララピポ」とはa lot of peopleを外人が発音した時にそう聞こえるということのようだ。 全6話から構成されているが、基本的に前の話の主人公以外の登場人物の視点から描かれた物語で、各話毎、 時間差もあるので、その前の話のわからなかった部分やその…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

王様ゲーム 金沢伸明

今日は疲れきっていたので、横になりながらTVを見たり本を読んで過しました。 たまには休息が必要なのだ。 王様ゲーム。購入してからしばらく経ってたので一気に読んじゃいました。 結局、これ1冊じゃあ完結しないんだ・・・!!! たしか3くらいまで出てたな。続きが気になってしょうがない。 という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

垣根涼介 「午前三時のルースター」

垣根涼介のデビュー作「午前三時のルースター」。  すらすらと読んじゃいました。最後の方は読み終わるまで止まらない感じでした。 内容は予想通りの展開でしたが、おもしろかったです。 ジュエリー業界でトップクラスの業績を持つ会社の創業者を祖父に持つ少年が、4年前に会社の海外進出のためベトナムに行き、行方不明になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第三の時効」 横山秀夫

横山秀夫の代表作のひとつである「第3の時効」読み終わりました~♪ とは言っても書く暇がなかったので読み終わってからしばらく経ってますが・・・。 これは警察小説の短編シリーズとなっています。 すべてある県警の強行犯係が舞台となっており、 強行犯係の中の3つの班がそれぞれ事件を解決に導いていくストーリーだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里中 李生 「一流の男、二流の男 -必ず頭角を現す男の条件-」

かなりぶりの更新 最近は4冊くらい同時進行で読んでいる為か、なかなか読み終わらない まあ忙しくて読む時間が少ないのもある。 この里中 李生の本は俺がよく行く「遊べる本屋」(本どころか、雑貨、服、時計、バッグなど販売している。俺の好きなブランドの服やアイテム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誉田哲也 『ストロベリーナイト』

ひさびさのUPになります。 誉田哲也 『ストロベリーナイト』 こいつは一気に読めました。 オーソドックな刑事モノは久々に読む。 これはしかし事件はオーソドックではない! 姫川という女刑事が主人公で、とある死体遺棄事件からとんでもない事件に繋がっていく。 しかもそれが普通ではない。体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真保裕一 「最愛」

真保裕一 「最愛」読み終わりました~ 小児科医である主人公の押村のところに警察から電話が入る。18年間連絡の取れなかった姉が病院に運ばれ、危篤状態だという。 もったいぶる警察からの説明によると、金融会社で火事がありその現場で銃で撃たれたという・・・。 その事実を知り、何故姉がそんなところに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「やつらを高く吊るせ!」 馳星周

3,4日前に読み終わったんだけど、書く暇が無かった・・・ 久々の馳星周。 俺が小説に嵌るきっかけになった作品の著者であり、好きな作家だ。 ここんとこ(と言ってもだいぶ前!)「楽園の眠り」「約束の地で」「ブルーローズ」など 読んだけど、つまんなくて最近読んでなかったが、コイツはBOOK OFF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野和明 「13階段」

高野和明の「13階段」読みました~ なかなかスラスラと読めました。 タイトルから連想できる通り、死刑をテーマにした作品。 事件当時の記憶を無くした死刑囚の冤罪を晴らす為、元刑務官とその刑務官のいた刑務所に傷害致死で服役していた青年が調査に乗り出す。という内容。 出てくる人物はみな重要で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君は他人に鼻毛が出てますよと言えるか」 北尾トロ

久しぶりに更新です 前回の「コインロッカーベイビーズ」読み終わってから、楽なのを読みたくて、丁度これがあったので読んでみました。 ふざけたタイトルの通り、ゆる~い感じだが、なかなか勇気の出る1冊だ タイトルをはじめ、23年の時を超えて当時好きだった女の子に告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コインロッカーベイビーズ

久々の更新  この暑さでなかなか読書がすすまない  というか村上龍の「コインロッカーベイビーズ」読み始めてからどんだけ経つことやら・・・・。 最初のほうで全然すすまず、薬島のあたりでようやく入り込めてきた感じだ。村上龍、以外にファンタジーだな! そこか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more